10.21
Tue
DMMさんに注文しておいた素体パーツが届きました。
今回はアクリル樹脂を選択したんですが発注からわずか4日目で届きました。

高精細は1度頼んだことがあるんですが普通のアクリル樹脂でも十分綺麗でした。
今回はボディだけでしたがきっとヘッドも高精細でなくても行けそうです。

ここの見積もりはweb上のボタンひとつで自動で2分くらいで出して(不備があるとはじかれます)くれるので
とても便利です。発注をかけると中の人が再度チェックして不備や潰れや破損しそうなところを
メールで指摘してくれます。
料金は体積(積層時間)だと思うので肉抜きするほどに安くなります。



さて出力物の方ですが、やはり噛み合わせは当然のように要調整です。
ま、データ上でも適当に作ってたので…
それは良いんですが何をどこで間違ったのか右上腕のパーツが同じものを二つ出しちゃいました(-_-;)
あと足の付根パーツは保持力を考慮して割らないでボールを突っ込む構造にしようとしたんですが
穴が小さ過ぎてボールが入りませんでした。オーマイガッ!!
その為、肝心な可動調整が腕も足も出来ませんがな!

パーツの噛み合わせ調整をしつつ、まずは上腕パーツを再度出力ですな・・


クールガール素体との比較です↓

hikaku.jpg

マスキングテープ貼ってて見辛いのでモノクロにしました。

サイズ的には身長がベタ足で26.5cmくらいです。
6倍すると159cmと、だいたい日本人女性の平均身長です。

そして肝心のボディラインですが、なかなかの萌えバランスになったのでその点は大変満足です。
・・なんか素材が透明アクリルなので昔のおもちゃの変身サイボーグみたいですね(その世代ではないですが)

何はともあれ夢のオリジナルボディ実現はもうすぐ目の前です!



スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
10.19
Sun
素体のポージングを作ってみました。疲れた・・

こーゆーのってZbrushじゃなくて他のCAD系の3Dソフトでやることなんだろうけど

いいんです、そこは(いや、そこもかしこも)自己流で。

結局ゴールが見えてれば方法なんてあまり関係ないと思うんです。

だいたい教科書通りにやりたがると失敗して挫折します。なぜなら教科書が「成功」だからです。

自己流だと失敗はありません。単なる「想定外」が起きただけですから。


で、ポージングに話を戻しますが一応こんな感じに動きます(予定)

もちろん手はグリングリン動くんですが面倒なので割愛しました。


pause.jpg



・立ちポーズ時の綺麗なおマタとレッグライン
・座ったときの両膝の接近具合とスネの外側へのロール具合
・胴体と手首足首のリアル造形
・膝と肘はあえて二重関節にしない(その代わりスライド方式導入してます)
・足首はボールジョイントなので自立可(・・多分)

拘ったのは以上の5点ですかね。

ま、逆に言うとあとのことはスパッと切り捨ててます。

全部は拾えないんですね~あっちを立てればこっちが立たず。

シームレスなら問題ないようにも見えますがあれはあれで

素材の寿命、シリコンや超軟質ウレタン素材の取り扱い、塗装剥げ、埃の付着など

煩わしいものが付いて来ますからねぇ・・あと重たいしお高い。


出力ですが、なんとか質量を抑えて25,000円くらいに落とせました。

DMMさんからもう造形開始のお知らせは来たのでいつもと同じであれば1週間後に

届きます。

はてさて、どなることやら。
comment 0 trackback 0
10.17
Fri
かわいい女の子の笑顔を練習しとります。


誰に似せたわけでもないんですが、、強いて上げるなら松本莉緒系?


girl.jpg

正面だけ意識してる分には割と簡単に出来るんですが横向くと笑顔崩壊物語のはじまりです拍手。


スカルプトの世界は奥が深いですな。
comment 0 trackback 0
10.15
Wed
ようやくオリジナル女性素体のデータが完成しました。
嬉しくてレタッチしてみました。

まぁ、分かってはいたんですがパーツ数が半端無い…。
あ、パーツの裏側は企業秘密なので見せられません。

なんていうか、画像を見てたら満足しちゃいまして、もう出力しなくても良いじゃないか?とか思ったり。

DMMでのお見積もりはアクリル樹脂(高精細じゃない方)で約3万円・・
けっこう肉抜きしたんだけどなぁ~無駄は省いたんだけどなぁ~
(スポンサー求む!笑)

つーかこんなパーツ数複製するのなんて想像しただけでひとくちゲロで御座います。
ガレキの人たちはホント凄いなぁと。


可動した画像を作りたかったんですけどあまりにも大変なのでやめましたスミマセン。

けっこう動くはず・・・データ上では、ね。

おマタの隙間無しが最大の売り、つかコダワリ。
丁度レオタードを着てるようなラインにしました。
それでいて太股は前方に90度上がる、、、はず。

あとお腹の分割は最後まで迷ったんですが割ると著しく人間味がダウンしてまうので
却下しました。

素材はレジンになるんですがジョイントもレジンです。
摩擦と保持はホットボンド突っ込めば十分かなと、あんま考えてません。あは。


sotai.jpg


メタリック女子


sotai2.jpg

comment 0 trackback 0
10.12
Sun
素体データも大詰めに差し掛かってるのも相まってアムロさんヘッドでポージング。


リグも使ったんですがまだよく解りませんおっさん脳です。


あとワックス何チャラってマテリアルのゲージいじったら赤い影が出現。


Zbrushのレンダリングって…


namie.jpg


素体の方なんですが作りながら考えてるので方針がその都度ブレまくりでして…


溢れているドール体型、アニメ体型、幼児体型ではなくて
カッコいい東洋人のリアル体型ってのが理想ですかね。


可動に関しては関節の見た目や身体のラインとのせめぎ合いですが
既製品の良いとこ取りでなるべく動くように考えてます。
comment 0 trackback 0
back-to-top